101匹ワンワン ~装備系チートフェンリルさんの時々激しいお気楽領地運営&軍団形成~

著者:白石 新

優秀な種族であるフェンリルに転生した私。
でも、生まれたての私は実の産みの親に地獄の釜の中……つまりはゴブリンの巣穴で食材(ゴブリンキングのディナー)として置き去りにされてしまったらしい。
生まれたてだから戦闘能力もチワワ並みだし、いきなり難易度ヘルモードの不遇だけど、私は何が何でも生き延びる!
そしてゴブリンの巣穴から外に出たら魔石を食べてスキルを奪って進化して、配下を作って大森林を制圧したり、仲間とモフモフしたり溺愛されたり、のんびりしたり。

これは、動物好きでテイマーになりたかった転生者が、人間として持てる知識の全てを使い魔獣の力運用し、物凄い勢いで強くなり、本人の意思とは裏腹に配下の魔獣や獣人と共に成り上がって生きていく物語である。

101匹ワンワン ~装備系チートフェンリルさんの時々激しいお気楽領地運営&軍団形成~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました