【書籍化決定ッ!!!】退屈嫌いの封印術師 ~監獄でたまたま相部屋になった爺さんが世界で唯一の封印術師だったので、暇つぶしに弟子になってみた~

著者:カラカラ

『これまでの人生をノートにまとめるなら一ページで終わるだろう』

牢屋に囚われた青年、シールは暇を持て余していた。
閉鎖された空間、変わらない景色。牢屋にある本を読み漁る日々。

気が狂いそうになるほど退屈な生活。
そんなシールの牢屋に一人の新入りが来る。

その名もバルハ=ゼッタ。79歳、男性。職業――封印術師。
シールはバルハ=ゼッタの職に興味を持ち、暇つぶしに弟子入りする。

そのせいで世界の命運を負うことになるとも知らずに。

【書籍化決定ッ!!!】退屈嫌いの封印術師 ~監獄でたまたま相部屋になった爺さんが世界で唯一の封印術師だったので、暇つぶしに弟子になってみた~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました