織田信長の宿敵(伊勢貞為(いせさだため))に生まれ変わったので、領地開発して天下統一を目指す

著者:伊月空目

時は永禄三年(1560年)、伊勢家当主の孫である伊勢虎福丸(いせとらふくまる)は二歳となった。虎福丸は現代の歴史好きサラリーマンが転生しており、伊勢家が三好と松永に討伐される未来を知っていた。虎福丸は伊勢家の人々を説得し、危機を回避する。そして、足利家に仕えながら、自らの領土の拡大を狙っていく。

織田信長の宿敵(伊勢貞為(いせさだため))に生まれ変わったので、領地開発して天下統一を目指すのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました