お慕いしたこともないのに何故わたくしが嫌がらせを?

著者:黒乃

 キルシュ・フォン・ラドフォード公爵令嬢は辟易していた。王命により逆らえず結ばれた婚約、王太子は男爵令嬢にうつつを抜かしている。

───嫌がらせ以前に、どうでも良い。

 婚約は王命、断れなかっただけのもの。婚約者の座を欲したこともない。だと、いうのに。

「キルシュ、嫌がらせの犯人は君か?」

 何故わたくしが、嫌がらせを?貴方様を愛したこともないのに。

お慕いしたこともないのに何故わたくしが嫌がらせを?のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました