ざんねんですが、冷遇された少年僧侶は『神槍』『転生賢者』の紋章を得てチート生物になってしまいました。

 侯爵家の六男として生まれ、僧院送りにされた少年リィフは自身の姪にあたる赤子の出産に立ち会い、自らの手で取り上げた。だがリィフの兄にして侯爵家当主ジュノーはその赤子を危険な紋章『邪黒紋』の持ち主として古井戸に投げ、殺してしまう。
 姪の死を嘆き、弔おうとするリィフ。その赤子の正体は、数千年にわたり転生を繰り返してきた『闇の賢者』ルルスファルドだった。化けて出たルルスファルドはリィフに好感を持ち、自身の紋章『転生賢者紋』を彼に委ねる。その紋章はリィフに力を授けただけでなく、ジュノーが恐れ、封印させたリィフの生来の紋章『神槍紋』の力を解放、リィフを手の付けようのないチート生物に変えていく。
 野心や復讐心が薄く、ジュノーから押しつけられた魔境リトルバードの領主の役目を引き受けたリィフは、リトルバードへの旅の中、味方や仲間を増やして行く。
 一方、直接の復讐を免れた侯爵ジュノーたちは衰運を迎え、破滅への道を転げ落ちて行く。

 10/18 タイトル調整しました。
 前タイトル
 寺育ちの神槍僧侶~おきのどくですが、みなさんが冷遇した少年僧侶は『神槍』『転生賢者』の紋章を得てチート生物になってしまいました。無双やざまぁに興味はないようなのでそっとしておきましょう~

ざんねんですが、冷遇された少年僧侶は『神槍』『転生賢者』の紋章を得てチート生物になってしまいました。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました