確かに下僕になるって言ったけど!! ~侯爵令嬢は俺様魔術師の下僕になりました~

著者:彩帆

「次の進級試験、もし私が一位になれなかったら……貴方の下僕になってやるわ!」

侯爵令嬢のルゼリアは天才魔術師と呼ばれるマティウスに向けて宣言した。
魔術師の名門貴族の生まれであり、ライバル関係にある家同士。
今度こそマティウスを超えて、成績一位になりたいという強い思いから言ってしまった、その言葉。

「次の進級試験、一位になれなかったら……俺の下僕になると言っていただろ」

結局一位になれず、仕方なくルゼリアは約束通り、マティウスの下僕となってしまった。
――卒業まであと一年。
もし首席で卒業できなければ、魔術師を諦めて父親が決めた相手と結婚しなくてはならない。
そうならないためにも、打倒マティウスを掲げながら、彼の下僕としての惨めな新学期を迎えたはずが……恋人同士に見える? いや、下僕ですって!
気が強くて負けず嫌いなルゼリアと、俺様な天才マティウスの、下僕関係から始まる学園ラブコメディ。

確かに下僕になるって言ったけど!! ~侯爵令嬢は俺様魔術師の下僕になりました~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました