《ざまぁ開始!》え、宮廷【結界師】として国を守ってきたのにお払い箱!? 結界が破られ国が崩壊しそうだから戻って来いと言われても『今さらもう遅い』エルフの王女様に溺愛されてスローライフが最高に楽しいので

著者:アトハ

「聞こえないのか? 貴様はクビだと言ったのだよ」

 宮廷結界師として国に仕えていた俺――リットは、ある日クビを宣告される。
 結界師は国の守りのかなめとも言える重要な職人だが、この国の王族はそんな事実を忘れ去っていたのだ。

「俺を追放して、本当に国は大丈夫なのか?
 結界のあちこちに綻びが出ている。一か月も保たないぞ?」

 警告は聞き入れられることはなく、俺と弟子はあっさり国を追放されることとなる。
 立ち去ろうとしたところで、謁見の間の扉が開け放たれ――突如としてエルフの少女が飛び込んできた。

「会いたかったです、旦那さま!」

 彼女はエルフの里の王女様。はるばる、この国まで俺のことを迎えに来たのだ。
 フリーの結界師は貴重な人材である。俺がフリーになるタイミングを見計らってスカウトに来たのだとしてもおかしくはない。
 ほかにも獣人族の族長や、ドワーフ族の鍛冶連合のリーダーにも熱いスカウトを受けることとなる。
 そうして俺はエルフの里に迎えられ、エルフの王女様とスローライフを謳歌することになった。

 一方、俺を追放したことで国の結界には綻びが生じ、モンスターが続々と侵入するようになっていた。
 モンスターの襲撃を受けた国は、やがては取り返しの付かない混乱に陥っていく。

※ ざまぁは22話からを予定しています、忘れているわけではないのでご安心を!

《ざまぁ開始!》え、宮廷【結界師】として国を守ってきたのにお払い箱!? 結界が破られ国が崩壊しそうだから戻って来いと言われても『今さらもう遅い』エルフの王女様に溺愛されてスローライフが最高に楽しいのでのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました