宮廷教師、時代後れの教育法だとお払い箱になる。でも愛弟子であった7賢者までいっしょについてきてくれたので、簡単にやり直すことができました。

著者:佐藤謙羊

リザードテイル王国の宮廷教師であったダストは、年齢を理由に追放を申し渡される。
新任教師であるチラーに「キミの教育法は時代後れだ」と罵られ、仕方なく国から出て行こうとする。

しかし若き7賢者たちまでもがダストとともに国を離れると言いだした。
7賢者はみなダストの教え子だったのだ。

王国の将来を担う7賢者にまで離れられてはかなわないと国王は止めるが、時すでに遅し。
ダストは七賢者とともに国を出て、新たなる暮らしをはじめる。

宮廷教師、時代後れの教育法だとお払い箱になる。でも愛弟子であった7賢者までいっしょについてきてくれたので、簡単にやり直すことができました。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました