狼獣人に勝手にご主人様認定されたので、仕方なく主しています

著者:と。

この世界には「枷持ち」と呼ばれる桁違いの能力を持った生き物とそれを制御する「放ち手」と呼ばれる生き物が存在する。そして彼らは主従関係ある。
何もしてないのに、いきなり狼の獣人(枷持ち)に主認定された女の子(放ち手)の話。
従僕がハイスペ過ぎて主ができてない流され系女子と容赦なく流していく悪い大人(狼)の話でもあります。

狼獣人に勝手にご主人様認定されたので、仕方なく主していますのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました