君のせいで今日も死ねない

著者:飴月

学校1の人気者である、神に二物も三物も、才能を詰め合わせパックで与えられた完璧な美少女、三峰 彩葉。

まさに『神に愛された少女』である彼女の自殺現場に、マイペースで平凡な男子高校生である俺が遭遇してしまったからには。

「なぁ。俺、学校抜け出して海を見に行くのが夢なんだけどさ。今から一緒に行ってみようぜ」

「はぁ……?」

「だって、どうせ死ぬなら俺に付き合って徳を積んでから死んだほうが良くないか? 俺は女子と学校を抜け出して海を見に行く夢を叶えられる。お前は死ぬ前に徳が積める。WinWinだろ」

「……別に、徳なんて今まで死ぬほど積んできたからもう積み足りてるんだけど」

「本当にそう言い切れるのか? あと少し足りなくて、地獄に落ちた後で後悔しても知らないけどな!!」

「くッ……。脅すとか最低! 卑怯者!!」

今日も絶対に、君を死なせない。

完璧な人気者じゃないと生きていけないような生活に疲れて自殺しようとした美少女が、平凡ハイテンション主人公と出会って、美味しい空気が吸えるようになるまでのラブコメです。

カクヨムにも投稿しています。

君のせいで今日も死ねないのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました