私の素晴らしい人生

著者:

ソフィアは王立学院に編入するために王都にやってきた。ダンストン男爵の一人娘であるソフィアは、いずれ男爵領を継ぐために、しっかり勉強しようと気合を入れていた。王都での下宿先は父の友人であるウェルズリー公爵家。卒業試験での首席を目指して、頑張ります! 元気なソフィアの、元気なお話。

短編「姉が駆け落ちしましたので。」の後日譚になります。
アルファポリス様でも投稿しました。

私の素晴らしい人生のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました