「人生に疲れた!!! もう死んでやる!!!」と屋上から飛ぼうとしたら「アンタが死ぬなら私も死ぬ!!!」って見知らぬ美少女が言うので一緒に逝くことにした。

著者:青季 ふゆ

 色々なことが重なって死にたくなった”僕”
 「あばよ現世!! こんにちは異世界!!」
 冷静さを失い、屋上から身を投げようとしたその時、
 「待ちなさい!!」
 黒い髪、黒い制服、黒いタイツ、頭には白い包帯。
 見知らぬ少女が、僕に言う。
「アンタが死ぬなら私も死ぬ!!」
 唐突で不思議で、ちょっぴりじんとくる、一夏の物語。

「人生に疲れた!!! もう死んでやる!!!」と屋上から飛ぼうとしたら「アンタが死ぬなら私も死ぬ!!!」って見知らぬ美少女が言うので一緒に逝くことにした。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました