王太子との婚約を蹴った元公爵家の独白

著者:

私は元公爵夫人、ミラベルでございます。王太子様と婚約内定していた娘アナベルが他の男と駆け落ちしてしまいました。責任を取って夫は公爵の座を降り、辺境の小さな領地の男爵になりました。どうしてこんな事になってしまったのでしょう。

短編「姉が駆け落ちしましたので。」の、別視点ストーリーです。母、兄、そしてアナベル視点です。

アルファポリス様で投稿済のお話です。バッドエンド。
短編「私の素晴らしい人生」がこの話の後日譚となっています。そちらも合わせてお読みいただくとハッピーエンドになります。

王太子との婚約を蹴った元公爵家の独白のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました