頭を打ったら世界が変わった

「世界はこんなにも美しかったのね。わたし、気がつかなかった」

頑張り屋ではあるものの、自分に自信がなくうつむいてばかりいるエミリー。彼女には好きな人がいたが、その人のことも自信のなさからあきらめていた。ところがある日、彼女は玄関先で足をすべらせ、頭を打ったことで激変する。なんと、ポジティブな性格になっていたのだ! 性格が前向きになったことでエミリーはどんどん積極的になっていき――。
前向きなヒロインのほのぼの時々コメディなお話。

(表記されている文字数は予約投稿文もふくまれます)

頭を打ったら世界が変わったのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました