スクールカーストの上位と下位は遠いようで意外と近い

著者:天野空

スクールカースト。それはどこの学校にも必ず存在する学生の序列制度であり、スクールカーストの上位者は必然的に大きな影響力を持ち、下位者は上位者の顔色を伺う、まさに社会の縮図のような制度だ。上位層と下位層はまさに天と地、そこには絶対的な差が存在する。
・・・・・あれ? もしかして割と近い?

 これはスクールカースト下位に位置しながらも学校生活を満喫していた男がある出来事をきっかけにスクールカースト上位者達に関わっていく物語である。

スクールカーストの上位と下位は遠いようで意外と近いのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました