【書籍発売中】ダンジョンおじさん

【書籍1巻が発売中です。2巻が決定しました。】

40、無職、妻子なし、家族付き合いなし、社会保障制度で食いつなぐ日々。

安楽死法施行で利用を決意。

安楽死カプセルの中、安らかな死を迎えるおじさん。
昇天直前に世界は変わった。AIが世界を支配し、ゲームにした。その瞬間、自殺が不可能となった。

運が悪いとガチで死ぬそのゲーム。おじさんは死んでもよかったので普通にハマる。

魔王を倒すと一部、自由を取り戻せるらしく、善良なプレイヤーはそれを目指したが、おじさんはそういうものに興味はなかった。おじさんはモンスター収集に凝る。

モンスターを捕まえて、育てて、配合させたりする奴だ。

攻略そっちのけでモンスター収集に「狂」じていた凝り性おじさんは経験値を積み重ね、いつの間にか自分自身が最強クラスになっていることに気づいていない。
あの日、ほぼ死んでいたおじさんは死亡フラグが破損し無敵であることにも気づいていない。

【過去最高順位】
■ローファンタジー
日、週、月間:1位、四半期:2位、年間3位

■総合
日間:1位、週間:3位、月間:3位

■累計
300位入り(2020年12月)

【書籍発売中】ダンジョンおじさんのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました