後悔先に立たずというけれど

「君の小言にはうんざりだ。もう離婚しよう。君は商売さえできれば、このコックロイルズじゃなくてもいいんだろう。」
マーサはある日、夫であるライルに離婚を突きつけられた。

国内でも有数のコックロイルズ商会。
それを1人で背負わされていたマーサは、心身共にボロボロの状態で父の故郷であるカルディン村を目指す。
そしてマーサに恋心を寄せる従弟とともに、起死回生の一手を打つ。

一方、ライルは荒れていた。
実は全くマーサと離婚する気などなかった。
自業自得で失った戻らない日々を思い、後悔と後悔と後悔を重ねる話。

本編は8話で完結予定です。

ー------
12/6
まさかの日間ランキング1位!!
ありがとうございました!

------
12/7
後日談のような短編を追加しました。
そちらもよろしければご覧ください!

後悔先に立たずというけれどのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました