怪しげな研究をしているみたいで不気味、という理由で婚約破棄と追放を言い渡された錬金術師の私ですが。

「どうして君はそんなに不気味な研究ばかりするのか。私はもう耐えられない。――婚約破棄だ」27歳の錬金術師マーティーは婚約者である第三王子からそう告げられ、ついでに国家転覆を狙っていると誤解され国外追放処分まで受けてしまうハメに。

王子との婚約を夢物語として嬉しく思っていたマーティーは、それがあっさりと崩れ去ったことに泣きながらも笑って強く生きることを決め、とりあえず今は亡きお師匠さまがいた工房へ赴くことにした。そこで残りの人生を穏やかに過ごそうと思った。

しかし、その旅路の途中で生来のお人好しを発揮してしまい、二人の王子を助けることになり……?

「ぜひ俺の婚約者になってくれ! 君を追っているうちに、会えない時間が俺の恋心に火をつけたのだ!」
「こんな男よりも僕の妃に!」

そんなことを言われても、もう婚約がどうとか結婚がどうとかこりごりなので帰って下さい。

怪しげな研究をしているみたいで不気味、という理由で婚約破棄と追放を言い渡された錬金術師の私ですが。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました