妹が不倫をしたそうです。ぶん殴ってもいいですか?

著者:灯乃

ある日、小さな税理士事務所に勤めるごく普通の社会人である皆城泉は、何やら相談があるという妹の真理に呼び出された。
待ち合わせ場所のファミレスに向かうと、そこにいたのは見知らぬ夫婦。

「私の妊娠中に、妹さんが夫と不倫関係に……」

奥さまから要求された慰謝料は、百万円。

「愚妹が、大変申し訳ありませんでした!!」

ゲス不倫の後始末とか、税理士目指してる人間の管轄じゃないんです!

妹が不倫をしたそうです。ぶん殴ってもいいですか?のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました