この世界で俺だけが【レベルアップ】を知っている 〜生贄として追放された転生剣士、1人だけレベルを上げて最強へと至る〜

 ―― “レベル”によって命の価値が決まる世界。

 Sランク冒険者のテオが転生したのは、人々が【レベルアップ】という力を忘れてしまった1000年後の未来だった。

 そこでは、生まれつき定められているレベルが“1”である人間は“最弱種族”として虐げられ、人々は魔物に怯えながら生きていた。

 しかし、そんな中でただ1人――。
 魔物の生贄にされたテオだけは知っていた。  

 ――世界で唯一【レベルアップ】できる人間こそが、最強に至れる種族だということを……。

この世界で俺だけが【レベルアップ】を知っている 〜生贄として追放された転生剣士、1人だけレベルを上げて最強へと至る〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました