乙女ゲーのラスボスに転生して早々、敵が可愛すぎて死にそうです

著者:楢山幕府

――困った。「僕は、死ななければならない」

前世の記憶を理解したルーファスは、自分がかつてプレイした乙女ゲームのラスボスだと気付く。
世界を救うには、死ぬしかない運命だと。
しかし闇の化身として倒されるつもりが、事態は予期せぬ方向へと向かって……?

「オレだけだぞ。他の奴には、こういうことするなよ!」

無表情で無自覚な主人公は、今日も妹と攻略対象を溺愛する。

――待っていろ。
今にわたしが、真の恐怖というものを教え込んでやるからな。

けれど不穏な影があった。人の心に、ルーファスは翻弄されていく。
萌え死と戦いながら、ルーファスは闇を乗り越えられるのか!?
ヒロインは登場しません。アルファポリスにも掲載。

乙女ゲーのラスボスに転生して早々、敵が可愛すぎて死にそうですのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました