俺が7年育てた悪役令嬢(義妹)はトニカク可愛い ~「誰だ、俺の義妹にこんな悪いことを教えたのは!」「お兄様です(はぁと」~

著者:緋色の雨

 父の死を切っ掛けに、ノエルは十六歳という若さで侯爵の地位を継いだ。
 父の残した優秀な文官と力を合わせることで、かろうじて領地の運営を続けていたノエルだが……ある日、義妹のシャーロットが許されぬ罪を犯してしまう。
 父の死を切っ掛けに、傍若無人な振る舞いが目に付いたシャーロット。彼女が罪を犯したことで、ノエルが領地を守るために結んだ政略結婚もご破算となってしまった。
 父の遺言に従い、シャーロットのおこないを黙認していたノエルだが、これ以上は庇いきれないと、シャーロットの犯したすべての罪を暴き立て、処刑台へと送るのだが……

*カクヨムにも投稿します。

俺が7年育てた悪役令嬢(義妹)はトニカク可愛い ~「誰だ、俺の義妹にこんな悪いことを教えたのは!」「お兄様です(はぁと」~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました