聖女に選ばれることは不名誉

著者:新 星緒

神託により聖女に選ばれたアデライド。

──だけど神託なんて、嘘っぱち。これほど不名誉なことはないと誰でも知っている。

彼女はそう思いながらも、聖女となる。
そんなアデライドを、神官のウスターシュは心を尽くして支える。
彼女が聖女の任を解かれるその日まで、ふたりは共に歩むのだ。

聖女に選ばれることは不名誉のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました