100年後に転生した王女様はもと従者のキスで目覚めたい(…けど、今世では立場が逆!)

著者:一分咲

「シェイラ、君と僕との婚約を破棄したい」「お兄様、私、この人と婚約していたかしら?」「え」
城を追われ命を落とした女王・アレクシア。気が付くと、100年後の世界に伯爵令嬢・シェイラとして転生していた。母親を早くに亡くし、継母やきょうだいの間で居場所が無かったシェイラだったが、前世の記憶を思い出したことで類稀な才覚を発揮することに。けれど、婚約破棄で傷物になり、不本意にも家を出て王宮に上がることとなってしまう。
一方、前世でアレクシアと密かに想いあっていた従者クラウスもまた、同じ時代に転生していた。――この国で、最も高貴な存在として。100年越しで、やっと二人の関係は始まる。
※タイトル・あらすじは変わる可能性があります。

100年後に転生した王女様はもと従者のキスで目覚めたい(…けど、今世では立場が逆!)のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました