儂(王)が見回りをしていると、城の地下牢に悪役令嬢が裸で放置されていたんだが。

 王が趣味の城内の見回りをしていると、地下牢に見知らぬ娘が裸で放置されていた。慰み者になる寸前でなんとか阻止し、事態を重く捉えた王は、その事実糾明のために裁判を開いた。娘はいわゆる悪役令嬢で、裁判を通じて、第二王子を糾弾していく話。 恋愛要素少なめです。ざまぁ強めです。

儂(王)が見回りをしていると、城の地下牢に悪役令嬢が裸で放置されていたんだが。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました