白い花束のエフィ -ある公爵令嬢の運命-

著者:Kazma

「あの鐘をやめさせて!」リーリオニア皇国皇太子ルイ・アレクサンドルの成婚の日、全てを失った公爵令嬢デルフィーヌは狂乱の中で北限の塔から身を投げ息絶える。そして意識が戻った時、彼女は市井の幼女エフィに生まれ変わっていた。慎ましい暮らしでも愛情に溢れる家族との生活に、二度目の人生をここで歩もうとするデルフィーヌ。だが平穏は突然打ち砕かれた。家族から引き離され男爵邸に連れ去られ、エフィ〈デルフィーヌ〉は驚愕の事実を知る。自分が前世で最も憎んだ女に転生していたことを。数奇な運命に翻弄されながら、デルフィーヌは前世で自分を陥れた者が現世の歴史をもねじ曲げようとするのに立ち向かう。
※補足的な短編「「シャルロット・ロシニョール」という女 ―もう一人の公爵令嬢―」を投稿しました。

白い花束のエフィ -ある公爵令嬢の運命-のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました