残念王子になんて任せておけません。

著者:ユウキ

選ばれるはずがなかった婚約者選定最終日に、「その才能で王子を支えてくれ!」と国王夫妻にお願いされてしまい、渋々受けた婚約。
そして出会った王子殿下は、どうしようも無いおバカさんだった。
*R15は保険です

残念王子になんて任せておけません。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました