初恋は拗らせるとめんどくさい。 ~アルバート視点~

著者:峰風猫

地球ではないとある世界の公爵子息。彼には産まれる前から決まっている婚約者がいる。不思議な雰囲気を纏う婚約者には、彼のとある秘密を知られている。
それはーー彼が男に恋をしていると言うこと。
聡明な婚約者は彼の恋の手伝いをしてくれる。しかし、婚約者は彼に思いを寄せている。
鈍い彼はそれに気付かず、思い人の気を引くために浮気を繰り返す。
最低な彼と婚約者の恋路はーー?
前作『初恋を拗らせるとめんどくさい』の婚約者様ことアルバート視点です。前作を読まなくても大丈夫、な筈です。読んでおくことに越したことはないです。読んでください。(>_<)

初恋は拗らせるとめんどくさい。 ~アルバート視点~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました