10年前に戻ったので刺殺された幼なじみを守ってイチャイチャする

10年前に幼なじみである皆川光を通り魔に刺殺された菅原浩。彼は幼なじみが死んでから機械のようになり、感情がほとんど無くなってしまっていた。例外は命日の日に幼なじみの墓に行き、苦しい、死にたいと言う感情を感じるだけ。そして、墓に行ったその日。これ以上起きていたら自殺してしまうと思い帰り道、コンビニの駐車場に泊まって寝た。
浩が誰かに起こされ、そして浩が目を覚ますと目の前には死んだはずの幼なじみ、光がいた。

10年前に戻ったので刺殺された幼なじみを守ってイチャイチャするのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました