日本と異世界を行き来できるようになったので、とりあえずいまはレベル上げに勤しんでます。

 高校生、九藤晶はひょんなことから、日本と『異世界ド・メルタ』を行き来できるようになる。

「魔術を使えるとたのしいよね~」
という神さまのありがたーいお言葉で魔法使いにしてもらったり、

「この世界レベルっていう概念があるんだよね~」
という言葉と共に、スコアカードと呼ばれるレベルと倒したモンスターの数や情報が記載される摩訶不思議カードをもらったり、

到着して早々、勢いで冒険者となったりと、イベント盛りだくさん。
現在は異世界での活動も安定してきているので、日本の物を持ち込んで、異世界の濃ゆい人たちと交流しながら、迷宮に入ってレベル上げに勤しんでいます。

 ……そんな、とあるきっかけで、日本と異世界を行き来できるようになった少年が、ダンジョンで冒険してレベルを上げたり、異世界の人たちと交流したりするお話です。

※息抜きで書いたものなので地の文の語彙が死滅しています。内容も緩くてふわふわしてます。まったりです。ご了承ください。

日本と異世界を行き来できるようになったので、とりあえずいまはレベル上げに勤しんでます。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました