前世の記憶が蘇ったので第五王子殿下の追っかけを止めました。すると「俺の心を弄んだ責任を取ってください」と言われ、婚約させられましたが冤罪です!

旧タイトル:前世の記憶が蘇ったので第五王子殿下の追っかけを止めたら、「なんで俺に構ってくれないんですか!?」と詰め寄られたのですが……※試験的にタイトル変更中です。

【転生少女――王子様に捕まってしまいました!?】

大国メーレンベルフ王国では前世の記憶を持つ者は珍しくない。それこそ、五人に一人は持っているレベルで日常的なものだった。
これは、そんな王国で様々な人に捕まってしまう転生少女のお話――……。

 ☆★☆

メーレンベルフ王国の辺境伯爵家であるブラウンスマ家の長女エステラは、第五王子であるオルランド・メーレンベルフ殿下の追っかけである。
その美しい容姿に魅了され、常日頃からオルランドのことを見つめてきたエステラ。しかし、同じ追っかけの令嬢たちに押され、階段から転落する。そして、身体と頭を強く打ってしまった。

それから三日後。意識を取り戻したエステラには、前世の記憶が蘇っていた。その後、自らの行いを顧みた結果オルランドの迷惑になっていたことに気が付く。
それからは、観賞用として遠くから見つめていよう。そう思ったエステラだったが、何故かオルランド本人に追っかけを「やめたこと」を抗議された。さらには、「貴女には責任を取って婚約していただく」なんて笑顔で言われて……!

転生少女は外堀を埋められて溺愛されまくりらしいです……!

☆異世界転生/転移ランキング 最高10位

※アルファポリスにも掲載中。

前世の記憶が蘇ったので第五王子殿下の追っかけを止めました。すると「俺の心を弄んだ責任を取ってください」と言われ、婚約させられましたが冤罪です!のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました