メイド姫は『氷の魔将』に溶かされる ―昔助けた男の人が、国を支配して会いに来ました―

「レーナッ、私たちは逃げるからなッ! せめてお前は、カラダでも使って革命軍を食い止めろ!」

「……はい、お父様」

――この日、私の国は終わりを迎えた。父の圧制に苦しんだ民衆が革命を起こしたのだ。
王城に攻め込んでくる痩せ細った人々。たとえ私が平民の子だと馬鹿にされ、使用人と共に働かされる『メイド姫』と呼ばれる存在だろうが、彼らにとっては憎き王族に違いなかった。
――そうして衣服を引き裂かれ、花を散らされそうになっていた、その時。
「鎮まるがいい。たとえ相手が王女だろうと、醜い真似は――っ、おまえは……!?」
「えっ?」

革命軍の指導者である『氷の魔将』は、なぜか私を見た瞬間に抱きついてきて……!?

――これは、心身共にボロボロなメイド姫が、昔助けた男性に溺愛されて、その才能と魅力を開花させていく幸福な物語である。

メイド姫は『氷の魔将』に溶かされる ―昔助けた男の人が、国を支配して会いに来ました―のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました