自由気ままな精霊姫

著者:めざし

サイファード家の一人娘であるオリビアは、母親譲りのシルバーブルーの髪と瞳を持つ美しい外見をしていたが、一言でいうと大層奇妙な少女だった。
実の父親にすら気味悪がられ、唯一可愛がってくれていた母親も彼女が10歳の時にこの世を去ってしまう。その後、義母と義妹に虐げられ、屋根裏に軟禁されることとなるが、ひょんな事から前世の記憶を取り戻し、とっとと家を出ようと思い立つ。その際、小さい頃に可愛がってもらった近所のお兄さん的存在のシリウスにSOSを出してしまった事により、国を巻き込んだ大事となってしまう。このお話はテンプレから始まり、とんでもないお金持ちが1人の少女を溺愛し、貢ぎまくるただのバカップル物語である。頭を空っぽにしてお読み頂ければ幸いです。

自由気ままな精霊姫のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました