自分を落ちこぼれだと信じてやまないおっさん、異次元のレベルアップと天衣無縫の肉体で無双する~落第冒険者の無自覚無双~

著者:月島 秀一

魔術の名門ファルス家の落ちこぼれ、ルド・ファルス(28)。彼の体には、誰もが持って生まれてくるはずの魔力が、まったく存在しなかった。
『ファルスにあらずは魔術師にあらず、魔術師にあらずは人にあらず』
才能至上主義のファルス家は、ルドをまるでゴミのように扱い、十歳のときに家から追い出した。
彼はその後『魔術師』を辞めて『冒険者』となり、優秀な魔術師たちはそんなルドを嘲り笑った。しかし、彼らは知らなかった。
ルドが魔力の代わりに『天衣無縫の肉体』をもって生まれたことを。その体は『異次元のレベルアップ』によって、『最強』と呼べるほどに仕上がっていることを。
これは自分を落ちこぼれだと信じてやまないおっさんが、圧倒的な身体能力で無自覚に無双していく物語。

自分を落ちこぼれだと信じてやまないおっさん、異次元のレベルアップと天衣無縫の肉体で無双する~落第冒険者の無自覚無双~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました