もう遅い、と彼は言わせたくなかったのだ

著者:及川ユギ

領主の娘イベリットは、婚約者を戦乱で亡くし、屋敷の為に嫁ぐことを決めていた――
適切にざまぁしたい話

もう遅い、と彼は言わせたくなかったのだのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました