出来損ないと蔑まれた公爵令嬢の結婚

努力を、してきたつもりでした。

でも、その結果は、私が学園に入学できるほどの学力がないというものでした。

できそこないと言われ、家から出ることを許されず、公爵家の家族としても認めてもらえず、使用人として働くことでしか、そこに私の居場所はありませんでした。

でも、それも、私が努力をすることができなかった結果で、悪いのは、私のはずでした。

私が悪いのだと、何もかもを諦めていました。

諦めた果てに私に告げられたことは、魔法使いとの結婚でした。

田舎町に住む魔法使いさんは、どんな方なのか。

大きな不安を抱え、長い長い道のりを歩いて行きました。
       
[魔王シリーズ:事件屋1]※単独で読めます

     

アルファポリス・ノベルアッププラスでも公開しています。

出来損ないと蔑まれた公爵令嬢の結婚のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました