婚約破棄?私はかまいませんが。どうぞご自由に。

え?婚約破棄?私は構いませんが。どうぞご自由に。

私はエリーティア・フィールリード。私は目の前にいる婚約者にパーティーの中、婚約破棄を宣言された。
悪女?そんな証拠もなく言われても….
というかフィールリード家に援助して貰うために婚約を申し込んできたのでしょう?
私は仕方なく婚約しただけですので。
ですから遠慮なく婚約破棄して頂いても良いですよ?

これは婚約破棄を巡るエリーティアとその婚約者の物語…
でもどうして王太子であるアルベルト様が?
って、私と婚約したい?!

婚約破棄?私はかまいませんが。どうぞご自由に。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました