冤罪で処刑された令嬢が、残した手紙。

著者:秋野 夕

"この手紙が読まれているということは、私はきっともうこの世にいないのでしょう"
そう書き始められた手紙を俺が受け取ったのは、彼女が処刑された数日後だった。

冤罪で処刑された令嬢が、残した手紙。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました