悪役令嬢の断罪現場に居合わせた私が巻き込まれた悲劇

著者:藍生蕗

悪役令嬢と揶揄される公爵令嬢フィラデラが公の場で断罪……されている。
トリアは会場の端でその様を傍観していたが、何故か急に自分の名前が出てきた事に動揺し、思わず返事をしてしまう。
会場が注目する中、聞かれる事に答える度に場の空気は悪くなって行って……

12/31&12/30【日間短編1位&日間総合3位】ありがとうございます(*’ω’*)

悪役令嬢の断罪現場に居合わせた私が巻き込まれた悲劇のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました