そんな俺は、廃太子。《 転生王子の逃避、あるいは 安寧への力業 》

【短編?】 一話完結 (六万字ほど)

王位継承権第一の王子 アルクレイド。 ある日を境に人格が微妙に変化する。 戸惑う周囲。 何が彼を変えたか。 アルクレイドは何故変化してしまったのか。 その変化は良きモノなのか。 

アルクレイドは、その生い立ちから全ての事柄に対し絶望していた。 絶望していたが故に、脆く、ついには人格の崩壊に至った。 丁度その時、彼の中に別の人格が宿る事になった。 宿ったのは、ブラック企業に勤めていた青年。 

アルクレイド知識を以て、自分が異世界で生きて行く為に藻掻く、そんなお話。

【激注意】 短編ですが、六万字程あります。 お話を一気に読みたい方向け。 合わないと思ったら、ブラウザバック宜しくです。

そんな俺は、廃太子。《 転生王子の逃避、あるいは 安寧への力業 》のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました