「真実の愛に目覚めた」と婚約破棄した王子、悪役令嬢に「やっぱり女の私よりもあのオトコを選ぶのね!」と叫ばれ、全校生徒からホモ扱いされる。今更後悔してももう遅い。本当にもう遅い

「エレーナ・フォン・リヴレ! 君との婚約は破棄する! 僕は――真実の愛に目覚めたんだ!」

「あぁなんてこと――ッ! やっぱり殿下は女の私よりも、あのオトコを選ぶのねェ―――ッッッ!!!」

婚約破棄したタイミングで悪役令嬢にそう絶叫され、生徒全員からホモ扱いされることとなったリオン王子。安易に婚約破棄なんかするんじゃなかった……今更後悔してももう遅い。さらに「真実の愛に目覚めた」と言ったのがマズかった。真実の愛以外にも色んな意味で「目覚めた」と思われた王子の下からは、男子生徒の友達はものすごい勢いで離れていき、女子生徒からは「男色王」と噂され、元婚約者には口も利いてもらえなくなり、好きだった女の子には「応援しますから!」と目を輝かせて言われてしまう始末。安易な婚約破棄ダメ絶対、とうちひしがれる王子に迫る影が――。

「真実の愛に目覚めた」と婚約破棄した王子、悪役令嬢に「やっぱり女の私よりもあのオトコを選ぶのね!」と叫ばれ、全校生徒からホモ扱いされる。今更後悔してももう遅い。本当にもう遅いのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました