極寒の氷雪士〜温度を下げるだけの無能と追放された俺は、鍛えたスキルで生き物も空間も時さえも、全てを【凍結】させる。今更許しを乞いてもう遅い〜

著者:黄舞

「アイスくん。君、このギルド。クビね」

 いきなり告げられた解雇通告。
 それだけならまだ納得出来た。

「うぅ……返せ……それは、父さんの、父さんの形見なんだ!」
「ぎゃはははは! 返すかよバーカ。無能が持つにも惜しいほどのいい剣だ。俺が使ってやった方が親父が喜ぶってもんだろ?」

 しかし父の形見である剣を奪われ全てを失い、ギルドを文字通り蹴り出される羽目にあう。

 これは【周りを冷やすことしか出来ない無能】と追放された主人公が、その後スキルを鍛えに鍛え、全てを【凍結】させる至高の冒険者に至る。
 しかしちょっとした思い込みから、引き起こされる勘違い。
 そんな無双冒険活劇。

極寒の氷雪士〜温度を下げるだけの無能と追放された俺は、鍛えたスキルで生き物も空間も時さえも、全てを【凍結】させる。今更許しを乞いてもう遅い〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました