男として見れないと振られた僕は激ヤセしたんだけど、それから周りの女の子たちの様子がなんだかおかしい

著者:豚太郎

 高校二年生にして、人生初の告白はあっけなく散った。男として見れないらしい。僕はデブだった。
 妹に励まされて、新しいことを始めた。色々なことを変えていく夏休みは、今までよりきっと面白い。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました