メリーさんから家に向かってるって電話がかかってきたんだが、俺今旅行中なんだよな

著者:宮野遥

『あたしメリーさん。今品川駅にいるの……』

彼女が海外に留学中のため、一人寂しく大晦日の夜を過ごしていた俺のもとに、電話がかかってくる。何の気なしに出てみると、相手はあのメリーさんを名乗った。しかも彼女はどんどん俺の家に向かって移動しているらしい。

でも、俺今旅行で留守なんだけど、メリーさんは一体どうするつもりなんだろう。

この小説は『カクヨム』にも投稿しています。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました