後宮の雑草令嬢は愛を令嬢力(物理)で掴み取る

著者:葵 すみれ

大輪の花のごとき令嬢たちが競い合い、寵を争う後宮で、辺境伯の三女であるフリーダはひっそりと埋もれていた。
月に一度の令嬢力を競う大会にて格付けが決まるが、フリーダはいつも最下位の雑草令嬢。
一度も皇帝のお渡りがないまま一年が過ぎれば、お役御免となる。
フリーダに残された機会はあと一度きり。
そのままひっそりと修道院で人生を閉じようと思っていたフリーダだが、皇帝が出したお触れにより、人生最大のチャンスを得る。
愛を掴み取るため、フリーダは秘めた令嬢力を解放し、後宮の令嬢たちに立ち向かう。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました