愛されないのは寂しい

著者:xoxo

見た目は地味だが気立ては良い、貴族令嬢のセレステ。
何も悪い事はしていないのに、素敵な婚約者に嫌われてしまい……。
これではきっと婚約破棄されてしまうわ……とセレステが悲嘆に暮れていると、天から救いの手が差し伸べられた。
人語を話す“子熊の霊”に憑りつかれた事から、彼女は“奇跡の聖女”として祭り上げられる事となり――

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました