【短編版】この幼馴染と結婚前提で同棲《ラブコメ》してる〜クラスで優等生な彼女が家ではポンコツだと俺だけが知ってる

著者:茨木野

俺には、将来結婚しようと誓い合った幼馴染がいる。

だがそんな子供の頃の約束なんて、当の本人は覚えていないだろうし、そもそも本気にしていないだろうと思っていた。

高校2年生のある日、俺の家に、その幼馴染みの美少女・【中野恵美】が居候することになった。

親の都合で、俺と同じ高校に通うことになった恵美。
頭も性格もよく、誰にでも分け隔てなく優しい彼女は、クラス1の美少女としてみんなから慕われることになる。

だがみんなは知らない。優等生だと思われている恵美は、俺の前だけでは無防備な姿をさらす、結構なポンコツであることを。

一方で俺は知らない。恵美は子供の頃の約束を未だに覚えていて、俺と結婚するために、田舎からわざわざこちらに転校してきたことを。

お互いの両親も結婚には合意しており、気づいていないのって……え、俺だけ!?

誰にも秘密な同棲生活を送る一方で、果たして俺たちは、子供の頃の約束通り、結ばれることができるのだろうか。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました