令嬢は祈りを捧ぐ

著者:ユウキ

エイディアーナは生まれてすぐに決められた婚約者である第一王子とは、穏やかな関係を築いていた。このままいけば何事もなければ卒業後に結婚となる筈だったのだが、学園入学して2年目に事態は急変する。
エイディアーナは、その心中を神への祈りと共に吐露するのだった。

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました