どちらかが聖女、どちらかが魔女

著者:青水龍

 国家存亡の危機に瀕しているオウカ王国の国王は、占い師の老女に助けを求めた。すると、「異世界より、聖女を召喚するのです。さすれば召喚された聖女が、この国を救うでしょう」と老女は言った。
 召喚魔法を発動させると、二人の女が異世界から召喚された。国を救う聖女は二人のうち一人。もう一人は国を不幸にする魔女。
 魔女扱いされオウカ王国から追い出された聖女のチヒロは、王国の第三王子トレイと共和国へと向かった。一方、聖女扱いされたリコは魔女で、オウカ王国は滅びの道を進んでいく。
 
 

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました