わがまま令嬢の末路

著者:遺灰

清く正しく美しく、頑張って生きた先に待っていたのは断頭台でした。

悪役令嬢として死んだ私は、今度は自分勝手に我がままに生きると決めた。我慢なんてしないし、欲しいものは必ず手に入れてみせる。

あの薄暗い牢獄で夢見た未来も、あの子も必ずこの手にーーー。

***

これは悪役令嬢が人生をやり直すチャンスを手に入れ、自由を目指して生きる物語。彼女が辿り着くのは、地獄か天国か。例えどんな結末を迎えようとも、それを決めるのは彼女自身だ。

(※内容は他サイトに投稿されているものと同一)

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました